秩父のシンボル武甲山

武甲山登山コース

横瀬駅より秩父盆地のシンボルでもあり奥武蔵の名峰でもある武甲山に登るコースです。
秩父市浦山口から登るコースと横瀬町側の生川コースがあります。下記は横瀬〜山頂〜浦山口のコースを記してあります。

※所要時間はあくまでも目安です。また途中滑りやすい箇所などありますので通行には十分注意してください。

 

生川コース(上り)
横瀬駅生川・武甲山入口(一の鳥居・一丁目)まで約90分18丁目水場まで約60分武甲山山頂御獄神社まで約90分 全歩行約4〜5時間
長者屋敷の尾根コース(下り)
武甲山山頂御獄神社長者屋敷の頭まで約30分橋立の滝まで約40分札所28番橋立鍾乳洞まで約90分浦山口駅まで約10分 全歩行約3時間

 

標高1304メートルの武甲山は秩父でもひときわ目立つ単独峰です。頂上からは秩父盆地を一望の下に見下ろせます。生川コース(表参道コース)より登り、長者屋敷の尾根(橋立)コースで下山するルートが一般的です。

 

< 生川コース(上り) >

横瀬駅より一の鳥居・一丁目

横瀬駅を出発し、しばらくは横瀬の里を40分程度歩き、その後一時間余りで、一の鳥居・一丁目に到着します。

一の鳥居・一丁目から十八丁目

ここからは登山道に「丁目石」が設置されています。十五丁目からはいよいよ登山コース。十八丁目は小さな社が目印。滝もあります。

山頂へ

三十二丁目には杉の大木があります。ここから山頂まで約1時間。

 

< 長者屋敷の尾根コース(下り) >

武甲山山頂御嶽神社

頂上付近の展望台からは秩父盆地を一望し、両神山、城峰山、群馬の山などが見渡せます。

山頂から長者屋敷の頭へ

カラマツ林を見ながら下ると約30分程で長者屋敷の頭。途中には発破避難小屋もあります。

橋立の滝へ

大持山・小持山や石灰岩の採掘場を見ながら下ります。橋立の滝はその落差約15メートル程度。

札所28番鍾乳洞へ

その後丸太の橋を渡り川沿いの穏やかな林道を歩き、札所28番鍾乳洞へ到着です。

 

琴平ハイキングコースを見る

ページ先頭へ

武甲山資料館 〒368-0023 埼玉県秩父市大宮6176番地 Tel.0494-24-7555
Copyright(C) 2006 Mt.BUKOH museum. All Rights Reserved.